堺でキッチンリフォーム行い水垢が付きにくくいつもきれいな状態に

統一感のある色味のキッチン

CONTENTS

  • パントリーをダイニングにキッチンリフォーム

    キッチンの前にリビングを作り、キッチンの隣り合わせで食材を置いたり、カセットコンロや買いだめ商品を置くための場所として、パントリーを作ってもらいましたが、住んでいるうちに生活スタイルが変わりました。前は食材や日用品を安い時に買いだめし…

    MORE

  • キッチンリフォームで機能性をアップ

    キッチンリフォームはそう何度もするものではないので、実行に移すまでにはいろいろなキッチンを検討していることでしょう。展示場などで見ると外国製のキッチンなどもあって、幾ら位かかるのか分からなくなってしまいます。メーカーもここぞと…

    MORE

  • キッチンリフォームには家族の意見が大切ですが

    とりあえずキッチンリフォームの際オーブンは要るのか?子供達が小さいうちは一度に大量の料理がタイマー一つで出来るオーブンは魅力です。また子供達が少し大きくなったらお菓子を焼いたり特に女の子は使う機会が多いことでしょう。でも高齢に成ってく…

    MORE

堺の実家のキッチンリフォーム

堺にある実家のキッチンリフォームを行いました。以前のキッチンは、堺の建売住宅だったために、自分たちで選ぶことができませんでした。そのため。父の退職時に退職金を使ってキッチンリフォームを行うことになりました。
堺の実家のキッチンは、母の居場所です。父は全く料理はしません。キッチンリフォームは、母の希望をしっかり叶えたキッチンに生まれ変わりました。収納をたっぷり、キッチン台を広く、食洗器を設置し、流し台は水はけのいいもので水垢の付きにくいものを選びました。そして、キッチンの高さを以前のものよりも高いものにしてもらいました。母は、背が高いので今までの高さでは腰が痛くなるからです。
これまでよりも、ずっと使いやすいキッチンにリフォームされました。私は、母よりも背が低いのですが使いやすい高さです。父は家庭菜園をしているため、とれたて野菜を並べるのにキッチン台が広いものは便利でした。パン作りが趣味の母は、キッチン用品がたくさんあります。収納がたくさんあるのですべて収納できるようになりました。流し台は、水垢が付きにくいので手入れしやすくなり、いつもきれいな状態で使えるので清潔感のあるキッチンになりました。
キッチンリフォームは、母にとっても夢でした。夢が叶い、料理のレパートリーも広がりました。

キッチンリフォーム代は商品券で賄いました!

堺にある築10年の中古住宅に住んでいます。2階建てで、2階にキッチンがあり、壁に面していますが、横に一階に続く螺旋階段をリフォームで作ったので、ものすごく狭いです。一番左に取り付け型の二口コンロ、作業台、右側にシンクでした。ステンレスの艶がなくなり、古びた感じだったので、キッチンリフォームも堺の工務店に依頼しました。地域活性化の為の商品券をたくさん購入して少しお得にキッチンリフォームができました。
システムキッチン自体を全部交換することにしました。キッチンのシンクはお風呂の浴槽のような軽くて丈夫な素材の白いものに変えて、絶対に欲しかった食洗機を作業台スペースの下にはめ込んでスッキリしています。今までは市販の食洗機がむき出しで圧迫感があったので凄く嬉しいです。キッチン前は全面的に窓なので、そこには自分で木の枠をはめ込んで、白いペンキを塗り、アルミ製の窓枠を隠しています。
全体を白くするだけでパッと明るくなりました。システムキッチンの後ろ、コンロの後ろにに冷蔵庫を置き、その横にすのこを元に作業棚を作りました。冷蔵庫、棚は背面がダイニングから丸見えなので、ベニヤ板で隠して、淡いグリーンのペンキでペイントして、百円均一の木箱やかご、黒板を飾りながら、収納として使っています。冷蔵庫と作業台で仕切りができて、更に作業台が増えたことで家事が捗るようになりました。キッチンリフォームで気分もルンルンです。

キッチンリフォームで気をつけるポイント

キッチンリフォームには気をつけなければいけないポイントが、いくつかあるそうです。とても大きな買い物であるキッチンリフォーム。キッチンリフォームをするなら失敗しないよう、しっかりとポイント抑えて検討したいですね。明るいキッチンにあこがれて大きな窓をキッチンにつけたい人も多いかと思います。ですが、窓をつける位置や大きさに注意する必要があります。
西向きに大きな窓をつけてしまうと、キッチンの気温がすぐにあがってしまいます。夏場はすぐに高温になってしまいます。
キッチンは火を使う場所で、ただでさえ暑くなってしまう場所です。高温になると食材の傷みが早くなるので、注意しましょう。3口タイプのコンロを置きたくてこだわりすぎて、調理スペースが狭くなってしまう場合もあります。
野菜やお肉を切るたびに、シンクスペースにプレートを置いて作業をしていると、手元が不安定になってしまいます。切る前にプレートを出すという作業もあるため、作業効率もさがってしまい、とてもめんどうになってしまいます。毎日使うキッチンだから、すぐに調理できるよう調理スペースを充分に確保することが大切です。
キッチンリフォームは生活のスタイルによってピッタリなものが変わってきます。専門スタッフとよく話し合うことが重要です。

UPDATE POST

NEW2016年10月07日
キッチンリフォームには家族の意見が大切ですがを追加しました。
NEW2016年10月07日
キッチンリフォームで機能性をアップを追加しました。
NEW2016年10月07日
パントリーをダイニングにキッチンリフォームを追加しました。
NEW2016年10月07日
料理が思いきり楽しめるキッチンリフォームを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP